中田 44日ぶり代打で復帰「あの緊張感の中で打席に立てたのが収穫」

[ 2013年10月5日 06:00 ]

<日・ソ>試合後、栗山監督とハイタッチする中田

パ・リーグ 日本ハム5-4ソフトバンク

(10月4日 札幌D)
 左手小指付近の亀裂骨折から2日に復帰したばかりの日本ハム・中田が、4回2死二、三塁の場面でに代打で登場した。

 8月21日の楽天戦(Kスタ宮城)以来、44日ぶりの打席は敬遠気味の四球だったが「あの緊張感の中で打席に立てたのが収穫。打つ気で準備はしていました」。2日の再検査ではドクターストップがかかっていただけに、栗山監督は「止められていたから、歩かせてくれと半分思いながら見ていた。次は気づかれないようにしないと怒られる」と苦笑い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月5日のニュース