Aロッドが機構を提訴 「不当な魔女狩り」で名誉傷つけられた

[ 2013年10月5日 09:20 ]

 薬物規定違反により、米大リーグ機構から211試合の出場停止処分を科されたヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が「不当な魔女狩り」によって名誉を傷つけられたなどとして同機構とセリグ・コミッショナーに損害賠償を求める訴えを起こした。AP通信などが4日に報じた。

 ロドリゲス側は、同機構が関係者に金銭を渡すなど不適切な調査を行ったと非難。薬物使用の有無には言及していない。ロドリゲスは「潔白を証明し、権利を守るためにやるべきことをやっている」との談話を出した。

 米大リーグ機構は「訴状の内容を強く否定する。訴状の中の主張は何一つ事実と結びついていない」などとする声明を発表した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月5日のニュース