彦根東・平尾 悔し9失点「甲子園の雰囲気にのみ込まれた」

[ 2013年8月14日 06:00 ]

<彦根東・花巻東>8回、田辺(左)にマウンドを譲る彦根東・平尾

第95回全国高校野球選手権2回戦 彦根東5―9花巻東

(8月13日 甲子園)
 滋賀大会をほぼ1人で投げ抜いた彦根東の平尾が7回2/3を9失点と崩れた。

 同大会から違和感があった右足をかばうあまり、左ふくらはぎがつって途中交代したというエースは「全然駄目だった。ボールが高かったことに尽きる。甲子園の雰囲気にのみ込まれた」と視線を落とした。同校は今春に現役だけで124人が国公立大学に合格した県内屈指の進学校。甲子園期間中も宿舎で2時間の模擬試験を受けるなど、勉学にも励んできた。平尾自身も神戸大を目指しており、「勝負の夏」は続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース