日川 救援のエース山田、力尽きる「打たれて申し訳ない」大粒の涙

[ 2013年8月14日 20:08 ]

10回裏、大阪桐蔭にサヨナラ打を許し、グラウンドにしゃがみ込む日川・山田

第95回全国高校野球選手権大会2回戦 日川3―4大阪桐蔭

(8月14日 甲子園)
 9回、同点に追い付く粘りを見せた日川は、6回途中から登板したエース山田が最後で力尽きた。

 10回1死一、三塁で詰まらせようと内角高めに直球を投じたが、打球は右前にポトリ。無念のサヨナラ打になった。194センチの長身右腕はマウンドでしゃがみ込み「最後の最後に打たれてしまって申し訳ない」と大粒の涙をこぼした。

 6回は失策で逆転を許したが、好打者の森友からフォークボールで三振を奪うなど実力は示した。大会初日には箕島(和歌山)を破り、春夏合わせて5度目出場の甲子園で初勝利を挙げている。大会連覇を目指す強豪を苦しめた山田は「森君や大阪桐蔭打線は怖いと思わなかったが、詰まってもヒットにする力があった」と相手をたたえ、球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース