宮国 復帰戦で1カ月ぶりの白星「非常にうれしいです」

[ 2013年8月14日 21:35 ]

5勝目を挙げ、ウイニングボールを手に笑顔の巨人・宮国

セ・リーグ 巨人4―1DeNA

(8月14日 東京D)
 巨人の宮国が、6回、8安打、1失点で7月10日のヤクルト戦以来の5勝目を上げた。7月25日の広島戦で2回途中8失点KOされ、今季2度目の降格を経て3週間ぶりの登板で結果を出し「非常にうれしいです」と控え目に喜んだ。

 この日敗れれば1カ月ぶりの連敗で、マジック消滅の可能性もあった試合。宮国は初回から5回まで毎回安打を打たれたが、粘りの投球を見せ1失点で切り抜けた。「自分の持っている力を出そうと思った。初回からしっかりと腕を振ることを考えて、打たれても集中力を切らさずに投げられたことは良かったです」と手応えを語っていた。

 原監督も「今日は勝利投手になったことが大事。細かいことはいろいろあるが、それを糧として次につなげてほしい」と期待していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース