日大三 強力打線が沈黙…2年連続初戦敗退

[ 2013年8月14日 06:00 ]

<日大三・日大山形>初戦で敗れ、涙ぐむ森主将(左)とガックリする日大三ナイン

第95回全国高校野球選手権2回戦 日大三1―7日大山形

(8月13日 甲子園)
 西東京大会で打率・415を誇った日大三の強力打線が5安打と沈黙。

 一昨年の覇者が2年連続の初戦敗退となり、森主将は「大舞台で結果を出すのは難しかった。支えてきてくれた人たちに申し訳ない」と肩を落とした。得点は初回に挙げた稲見の本塁打のみ。2回以降は三塁を踏むことさえできない完敗だった。森にとっては、昨年8月に右足首を骨折し、長期離脱を乗り越えての晴れ舞台だったが、「振り切れなかった。もっと思いっきりできていれば」。小倉全由監督は目に涙をためながら「打たせられない監督が悪い。勝たせて大きくしてあげたかった。いい主将だった」と話した。

 ▼日大三・大場(6回2/3を7失点で降板)調子はよかったが、地に足がつかなかった。自分のミスで負けたようなもの。

 ▼日大三・三輪(楽天・三輪隆バッテリーコーチの長男。9回から登板し1回無安打無失点)思い切り腕を振って、気持ちを前面に出した。次の春、ここ(甲子園)に戻ってきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース