明徳義塾・岸山岡に投げ勝った!馬渕監督「安楽より上」

[ 2013年8月14日 06:00 ]

<明徳義塾・瀬戸内>岸は雄叫びを上げる

第95回全国高校野球選手権2回戦 明徳義塾2―1瀬戸内

(8月13日 甲子園)
 明徳義塾の2年生エース岸が瀬戸内の好投手、山岡との投手戦を制した。

 6安打1失点での完投に「変化球が駄目だから直球で押した。通用して自信になった」と振り返った。4強の昨夏も背番号「12」でベンチ入り。2試合で計8回を1安打に抑えた右腕は、今夏の高知大会の好投が認められ「1」をつけて甲子園に乗り込んだ。この日の球速は140キロ台前半だったが、馬淵史郎監督が「(済美の)安楽より上」と評価する球の切れを証明した。

 ▼明徳義塾・宋(5回に初球の外寄りのスライダーを先制の左越えソロ本塁打)アウトコース狙いで踏み込んでいった。配球を見ていたら、右打者にインコースはなかったので。

 ▼明徳義塾・馬淵史郎監督(甲子園通算41勝目。取手二、常総学院で指揮を執った木内幸男氏を抜き、単独5位に浮上)超えたとは思っていません。木内さんから“オレの跡取りはおまえだ”とは言われましたが…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年8月14日のニュース