浅尾が2年1か月ぶり黒星…中日 3連敗で4位転落

[ 2013年8月14日 06:00 ]

<ヤ・中>9回1死一塁 浅尾は中村を迎え顔を押さえる

セ・リーグ 中日1-2ヤクルト

(8月13日 神宮)
 悪夢のような結末だ。1―1の9回、中日・浅尾が四球とけん制悪送球で1死二塁とすると伏兵・中村に左中間を深々と破られた。

 11年7月13日の同じ神宮でのヤクルト戦以来、実に2年1カ月ぶりの黒星を喫した右腕は「自分のミスでピンチを広げてしまって…。調子の良い、悪いは関係なく抑えないと」と唇をかみしめた。打線も4回までに7安打3四球で1点しか取れず、8回2安打1失点の中田賢を見殺し。今季6度目のサヨナラ負けで8月1日以来の4位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース