丸亀・宮崎 高浜への失投を反省「打たれた僕のせい」

[ 2013年8月14日 06:00 ]

<丸亀・横浜>5回1死二、三塁、高浜は左越えに3ランを放つ。投手・宮崎

第95回全国高校野球選手権2回戦 丸亀1―7横浜

(8月13日 甲子園)
 丸亀の先発・宮崎は横浜打線の主軸に屈した。

 3番浅間には3回の2点二塁打など、全5打席で安打を許した。5回には4番高浜に内角勝負を挑んだが、直球が甘く入り手痛い3ランを浴びた。こだわりがあるという内角直球での一発。宮崎は「あの3点が大きかった。(敗戦は)打たれた僕のせい」とうなだれた。一方、山本雄一郎監督は「完敗。伊藤投手のコントロールが素晴らしく、外の球に手が出なかった」と1点に終わった打線を敗因に挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース