あと2点届かず…「うちらしい攻撃」で安楽を追い詰めた三重

[ 2013年8月14日 14:10 ]

試合を終え、握手する済美・安楽(左)と三重・政木

第95回全国高校野球選手権大会2回戦 三重7―9済美

(8月14日 甲子園)
 最終回の驚異的な追い上げもあと2点届かなかった三重の沖田監督は「9回はうちらしい攻撃ができた」と胸を張った。

 初回、1番・浜村が今春のセンバツ準V右腕・安楽の投じた151キロ速球を左前打したのを足場に2点を先制。その後も150キロを超える速球に動じることなく、バットを振った。9回、疲れの見える安楽を打ち込み、5安打集中で5得点。だが、途中でスライダーやカーブなど緩急をつけた投球に変えられると、うまく打ち取られた。

 「変化球に対応できなかった」と沖田監督。だが、勝利にはつながらなくとも、安楽から11安打7得点はしっかり記録に残る。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース