中田 自己最多25号 キング快走!逆転呼ぶ一撃

[ 2013年8月14日 06:00 ]

<日・オ>4回1死一、三塁、生還した中田(右)は鶴岡とタッチ

パ・リーグ 日本ハム4-2オリックス

(8月13日 旭川)
 日本ハム・中田が旭川の夜に自己最多を更新する25号を放った。

 2回先頭でマエストリのスライダーを振り抜いた打球は左翼芝生席上段へ。キング争いで同僚アブレイユに2本差をつける一発が打線に火を付け逆転勝ち。「ここ(旭川)は札幌ドームと比べると楽な気持ちで打席に入れるからね」と笑みをこぼした。

 旭川では通算9試合で37打数17安打、3本塁打、打率・459。同球場の両翼は本拠より5メートル狭い95メートルでフェンスも高くない。インパクトだけを意識すれば打球は柵越えするだけに、力まずに打席に入っているのが好結果につながっている。

 試合前には志願の早出特打に臨んで打撃フォームをチェック。「簡単には直らないけど辛抱強くやっていく」と表情を引き締めた。中田がアーチを放った試合は18勝2敗1分け。主砲のバットがチーム浮上の鍵を握っていることは間違いない。

 ▼日本ハム・木佐貫(3度目の旭川登板で初勝利を挙げ、チームトップの8勝目)3度目なので何とかしないといけないと。(球場名になっている元巨人の)スタルヒン大先輩の恩恵に授かれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月14日のニュース