打順下がった中大・神里が4打点 秋田監督「あのぐらいは打てる」

[ 2013年5月15日 16:23 ]

東都大学野球春季リーグ2回戦 中大9―2国学大

(5月15日 神宮)
 中大は、5番から7番に下がった神里が長打2本で4打点を挙げる活躍などで大勝した。秋田監督は「(下げたのは)きのうの神里に意気が感じられなかったから。あのぐらいは打てる」と話した。

 3回戦に勝ち、第8週の亜大戦まで優勝の望みをつなぎたい。秋田監督は「選手には一つも負けられないぞ、と言っている。リーグ戦を盛り上げたい」と必勝を期していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース