球児 メジャー移籍後初の連投 ピシャリ2K斬り

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<カブス・ロッキーズ>8回に登板し、1回を3者凡退に抑えたカブス・藤川

ナ・リーグ カブス9―1ロッキーズ

(5月13日 シカゴ)
 連日登板となったカブスの藤川が、1回を3者凡退に抑えた。7点リードの8回に登板。

 先頭の右打者をフォーク、最後の左打者を直球で空振り三振に仕留めた。連投はメジャー移籍後初めて。試合前の気温が10度を下回る悪条件だったが「肩の方は問題ないし、肘も徐々に慣らしていけば。これから暖かくなるから問題ない」と話した。課題は「中に入っていた」と、右打者の外角を狙った直球だ。その原因を「打者に向かっていく時のマウンドの踏み込みだと思う。ハードな(硬い)マウンドなので」と分析した。米国の環境に適応し、火の玉ストレートの精度を高めていく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月15日のニュース