ソフトバンク 福元 昇格即先発でプロ初安打

[ 2013年5月15日 22:43 ]

セパ交流戦 ソフトバンク0―2広島

(5月15日 マツダ)
 ソフトバンクの福元が五回1死一塁で右前打を放ち、これがプロ初安打となった。この日1軍登録され、即先発出場した29歳は「練習通りに打つことができて良かった。いい形で初安打が打ててうれしい」とほっとした表情だった。

 2009年に育成選手として巨人へ入団し、昨季途中に移籍。今季のウエスタン・リーグでは、ここまで打率トップの3割9分7厘と好調だった。1軍でも結果を残し「手応えも感じられた」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース