兄他界の夜に…中畑監督 退場の執念実らず「審判が命懸けなら、俺も命懸け」

[ 2013年5月15日 23:01 ]

6回表無死一、二塁から小山のバントを捕手・鶴岡は三塁に送球。これがセーフと判定され中畑監督が橋本塁審に激しく抗議

セパ交流戦 DeNA5―7楽天

(5月15日 横浜)
 DeNAは指揮官の執念も実らなかった。2―3の6回の守備で中畑監督が判定に抗議し、退場処分を受けた。だが踏ん張りどころだった直後の1死二、三塁のピンチからミスなどで失点を重ね、4連敗となった。

 中畑監督は兄の栄三さんが亡くなったため、試合が終わるとすぐに球場を離れた。「選手の顔を見て、ついつい熱く抗議してしまった。後悔はしていないし、信念を持って抗議した。審判が命懸けなら、俺も命懸け」と球団を通してコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース