杉内 苦投4四球&山口 11年8月以来の3失点

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<巨・ロ>8回、マウンドの山口(左から3人目)に気合を入れる巨人・原監督(右から2人目)

交流戦 巨人3-5ロッテ

(5月14日 東京D)
 巨人・杉内は6回2死満塁で根元に押し出し四球を与えたところで降板した。

 116球を費やして2失点。4四球と苦しんだ制球について「悪いね」と悔しそうに話した。自身に黒星は付かなかったが、3―0から1点差に迫られてマウンドを降りた。6回を投げ切れず、結局は8回に山口が打たれて逆転されただけに「中継ぎに負担をかけて申し訳ない」と言葉少な。11年8月以来の3失点に、山口は「(状態は)悪くなかった。また頑張りたい」と気丈に話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース