駒大・斎藤が決めた!「サヨナラ打は人生初」

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<駒大・亜大>9回2死一、二塁、中前にサヨナラ適時打を放った駒大・斎藤(右)は歓喜のナインに迎えられる

東都大学野球第6週第1日 駒大4―3亜大

(5月14日 神宮)
 1回戦2試合が行われ、駒大は斎藤導久外野手(3年)がサヨナラ打を放ち、勝ち点3で並ぶ亜大を4―3で下した。国学院大の柿田竜吾投手(4年)は、中大相手に6回途中無失点の好投でリーグ戦初勝利を挙げた。

 駒大の伏兵・斎藤が3―3の9回2死一、二塁から右中間へサヨナラ打。「サヨナラ打は人生初。初球から行こうと思っていた。体が反応した」と146キロの直球を叩いた。愛知高時代は甲子園とは無縁で、指定校推薦で入学。2日の青学大戦から2番に座り、この日も2犠打を決める働きに、西村亮監督は「勝負強さがある。よく初球から打った」と称えた。

 ▼駒大・今永(3失点完投でリーグトップの5勝目)優勝争いのプレッシャーはなかった。きょうは5勝分くらいの1勝ですね。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月15日のニュース