西野 巨人打線は「非の打ちどころのない選手ばかり」

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<巨・ロ>ロッテの先発・西野は5回3失点の粘りの投球

交流戦 ロッテ5-3巨人

(5月14日 東京D)
 ロッテ先発の西野が5回3失点と粘りの投球でゲームをつくった。

 初回に阿部の適時二塁打で先制され、5回にも2点を失ったが「非の打ちどころのない選手ばかりだけど、4点目を与えなかったことが勝ちにつながった」。今季5勝目とはならなかったが「今後につながるいい経験でした。精神的には疲れましたよ」と心地よい疲労感に浸っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース