稲葉 2年ぶり右翼守備「思い切ってチャージできた」

[ 2013年5月15日 22:55 ]

セパ交流戦 日本ハム2―4中日

(5月15日 ナゴヤD)
 8回に代打で出場した日本ハムの稲葉が、その裏に2年ぶりに右翼の守備に就いた。1死から和田の右中間への飛球を「(陽)岱鋼のカバーが見えたので、思い切ってチャージできた」とフェンス際で好捕した。

 昨季まで陽岱鋼、中田、糸井と外野陣は鉄壁で、体の負担を考慮された稲葉は一塁か指名打者が中心だった。この日は練習から外野守備に取り組んでいたベテランは「セ・リーグとやるときは考えられる。練習していて良かった」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース