原巨人 白星逃げた…挟殺プレー村田“深追い”失点

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<巨・ロ>6回1死二、三塁、加藤の投ゴロで挟殺プレーとなったが、巨人・村田(右)のタッチが届かず三走・サブローの生還を許す

交流戦 巨人3-5ロッテ

(5月14日 東京D)
 小さなほころびから風穴をあけられた。巨人・原監督は絞り出すように、逆転負けへのターニングポイントになった6回のワンプレーを振り返った。

 「やっぱり、なんて言うか…。2点を取ってその直後というね。得点を取ったあとは大事なんだけど、杉内も乗り切れなかったね」

 5回に2点を加え3―0。直後の6回だった。1死二、三塁から杉内は加藤を投ゴロに打ち取った。三塁に送球し、サブローを三本間に挟んだ。三本間で止まったサブローは打者走者の二進を待ち、2死二、三塁を作る狙いに切り替えた。しかし、タッチにいった村田が深追い。本塁へ向かったサブローに追いつけず生還を許した。

 村田がボールを捕った時点で、捕手の阿部は三塁方向にじわりと距離を詰めた。ただ村田は送球のために右手にボールを持ち替えるのが遅れた。「追い過ぎた。早めに(捕手に)投げれば良かった。あの1点で流れが(相手に)行ってしまった」と悔やんだ。「ああいう1点は投手もショックが残る。サブローをアウトにできないんじゃね」と手厳しかったのは川相ヘッドコーチ。杉内は2死満塁から根元に四球を与え昨年の巨人移籍後、初めての押し出し。1点リードを保って6回途中2失点降板も、逆転負けで交流戦歴代単独トップの23勝目はスルリと逃げた。

 「(杉内は)よく頑張ったよ。野手がね。ミスして無駄な1点をあげちゃった」と主将の阿部が悔やんだ無駄な1点。パ・リーグの首位チームが見逃すはずもなかった。

 ▼巨人・勝呂内野守備走塁コーチ(6回の挟殺プレーについて)追う村田が球をグラブに入れていては、受ける阿部も難しい。もう少し判断が早くできれば。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース