ヤクルト 2度の満塁逃し最下位転落 岩村4安打も…

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<ヤ・西>拙攻続きに渋い表情のヤクルト・小川監督

交流戦 ヤクルト3-4西武

(5月14日 神宮)
 ヤクルト打線は12安打を放ちながら6、7回の満塁機で無得点に終わるなど、13残塁の拙攻で今季ワーストタイの5連敗。

 最下位に転落した小川監督は「満塁で点が入らないとそういうことになる。外野フライでも打てていればね」と厳しい表情。岩村は3号2ランを放つなど、日本では06年10月10日の広島戦(神宮)以来の4安打。しかし、勝利に結びつかず「またやるしかない」と前を向いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース