グランダーソン、4番・左翼で復帰「これから試合勘戻していく」

[ 2013年5月15日 13:59 ]

ア・リーグ ヤンキース4―3マリナーズ

(5月14日 ニューヨーク)
 オープン戦で右腕を骨折して戦列を離れていたヤンキースのグランダーソンが「4番・左翼」で復帰した。故障者続きで選手のやりくりに頭を悩ませるジラルディ監督は「彼がどんな能力の選手かよく分かっている。とてもうれしい」と、昨季チームトップの43本塁打を放っている長距離砲の復帰を喜んだ。

 この日は3打数無安打に終わったが、攻守に元気な姿を披露。「復帰できて良かった。これからどんどん試合勘を戻していく」と意気込みを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース