球児の復調に満足げ 投手コーチ「いいときの藤川になっている」

[ 2013年5月15日 12:53 ]

キャッチボールで調整するカブス・藤川

 カブスのボシオ投手コーチは、故障者リストからの復帰後、3試合連続で無得点に抑えている藤川について「状態が上がってきている。キャンプで見たような、いいときの藤川になっている」と満足げに話した。

 150キロを超える直球とフォークボールを主体にした藤川の投球を、同コーチは「それらがベストの球種だからね。球速を維持できているし、すべてがいい感じだ」と評価する。12、13日と連投した藤川は、この日のロッキーズ戦には登板しなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース