ロッテ 初のサヨナラ負け 伊東監督「きょうで終わったわけじゃない」

[ 2013年5月15日 22:52 ]

セパ交流戦 ロッテ4―5巨人

(5月15日 東京D)
 ロッテは1点リードの9回、抑えの益田が逆転を許し今季初のサヨナラ負けを喫した。

 益田に信頼を寄せる伊東監督は「しょうがない。きょうで終わったわけじゃない。たまたまこういう形になった」とかばった。

 38試合を戦って完投したのは1試合だけ。接戦を勝ち抜くのがチームのスタイルだがその分、救援陣の負担は大きくなっている。斉藤投手コーチは「うまく(16日に)休養して切り替えていくしかない。精神的に疲れてきている」と心配そうだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月15日のニュース