西武 5年目浅村&坂田が活躍「最高の出だし」「4安打は出来過ぎ」

[ 2013年5月15日 22:59 ]

セパ交流戦 西武9―3ヤクルト

(5月15日 神宮)
 西武は好調な5年目の若手2人が打線を引っ張った。浅村は1回に昨年9月以来の初回先頭打者本塁打を放ち「チームにとっても自分にとっても最高の出だし」と喜んだ。1番に座って3試合目ながら気負いはないようで、2安打で連続試合安打を14に伸ばした。

 坂田は三回に2点二塁打を放つなど4安打2打点と活躍。規定打席以下だが打率4割台とキーマンになっている。「4安打は出来過ぎ。連勝できたのは大きい」と満面の笑みだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース