WBCで知った怖さ…マエケン 4勝も被弾「すっきりしない」

[ 2013年5月15日 06:00 ]

<広・ソ>初回1死、広島・前田健(右)は笑顔で先制ソロの中東とハイタッチ

交流戦 広島7-1ソフトバンク

(5月14日 マツダ)
 ただ勝つだけでは納得できない。6回にラヘアに浴びたソロ。広島・前田健は「悔しいというか、情けないというか、すっきりしない。2死から追い込んで完璧なミス。失投でもったいなかった」と嘆いた。7回1失点で4勝目を手にしても、唯一の失点シーンを反省する。そこにエースの意地が見えた。

 最速150キロを計測もスライダーの制球が悪く本調子ではなかった。ツーシームを多投し、打たせて取る内容。それだけに警戒していた大砲に被弾し、不満の言葉が並んだ。WBCを経験して迎えた今季は自らに求めるレベルを数段階上げている。準決勝のプエルトリコ戦では5回1失点で敗戦投手。世界の舞台で1球、1点の怖さを痛感しただけに「勝ったからいい」というわけにはいかなかった。

 それでもチームのソフトバンク戦の連敗を7で止め、勢いをつけた価値は大きい。「交流戦開幕だし、何とか一つ勝てて良かった」。再び規定投球回に到達し、両リーグ1位の防御率0・64。驚異的な安定感を誇る背番号18が、さらなる高みを目指していく。

 ▼広島・中東(初回に7年目でプロ初本塁打。6年ぶり2度目の猛打賞も記録)自分でもビックリ。いつか(同期の)マエケンと(お立ち台に)立ちたいと思っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年5月15日のニュース