オリックス 2年ぶりの6連勝 クリーンアップそろい踏みの3本塁打

[ 2013年5月15日 21:18 ]

3回、1死二塁、李大浩は中越え2点本塁打を放ち三ツ俣(右)、駿太(中)とポーズ

セパ交流戦 オリックス9―2阪神

(5月15日 甲子園)
 オリックスが序盤に本塁打攻勢を見せて快勝。2年ぶりの6連勝を飾った。

 初回、バルディリスのソロ、ロッティーノの2点本塁打で3点を入れると、3回には李大浩の2点本塁打で加点。5回にも2点を奪い、早々と試合を決めた。新人の松葉は5回を6安打2失点で2勝目を挙げた。

 阪神は先発の榎田が5回持たずに降板したのが誤算。2回に日高、5回に大和の適時打による2点のみで交流戦連敗スタートとなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年5月15日のニュース