炭谷 ブランク感じさせず…フル出場で4打数2安打

[ 2013年3月22日 19:03 ]

7回1死満塁、西武・炭谷が右翼線に先制打を放つ

オープン戦 西武3―5DeNA

(3月22日 横浜)
 WBCに出場した炭谷が復帰後初のオープン戦でフル出場した。捕手として岸の好投を導くと、打っても七回に適時打を放つなど4打数2安打とブランクを感じさせなかった。

 日本代表では出場機会が少なく「練習時間も少なかった」と開幕までに試合勘を取り戻すことが課題だ。開幕までオープン戦は残り2試合しかないが、その後は2軍の試合に出場して調整するという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース