鳴門・河野主将 宣誓リハでミスも…本番は任せろ!

[ 2013年3月22日 06:00 ]

選手宣誓のリハーサルを行う鳴門・河野主将

開会式リハーサル

(3月21日)
 鳴門(徳島)の河野主将が「メモを肌身離さず持ち歩いて覚えた」という選手宣誓を披露した。

 85回の歴史の重み、困難に立ち向かう人へのエール、周囲への感謝、今大会の行進曲「花は咲く」などを取り入れた宣誓文は、抽選会翌日に武田部長らと考えた。この日は一部間違えたが、昨春は洲本との1回戦でサヨナラ打を放つなど、本番に強い河野は「自信を持ってやりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース