栗山監督 大谷開幕1軍には慎重も“褒めてあげる”

[ 2013年3月22日 06:00 ]

<日・楽>6回2死からアブレイユが追撃の2ランを放ち日本ハム・栗山監督(右端)に迎えられる

オープン戦 日本ハム4―5楽天

(3月21日 東京D)
 大谷の圧巻投球に日本ハム・栗山監督は「あまり褒めたくないけど、きょうだけはね。持っている力をこういう舞台で出せる。1軍で投げるためのステップでしかないけど、ホッとしました」と目尻を下げた。

 開幕1軍については「こだわることはない」と含みを持たせ、23日からのヤクルト2連戦で見極める考えだ。投打二刀流で結果を出したことには「真剣にエースで4番を目指すわけだから。ファンは“やれるんじゃないか”と思ったでしょう」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース