新井 復活弾!和田監督は開幕1軍示唆

[ 2013年3月22日 06:00 ]

<広・神>9回1死一塁、本塁打を放ち、弟の良太(右)とタッチをかわす阪神・新井

オープン戦 阪神7―1広島

(3月21日 倉敷)
 阪神・新井が復活ののろしを上げた。

 4点リードの9回1死一塁で左腕・江草の内角直球を弾丸ライナーで左中間最深部まで運んだ。「自分のスイングができた。自然と体で対応していけた」と笑顔。右肩痛と背中の張りで出遅れ、20日の広島戦(高松)でオープン戦初出場。結果が出なければ2軍降格の危機となったが、和田監督も「練習でも打ち込みさせながら状態を上げさせる」と開幕1軍を示唆。開幕戦は弟・良太が一塁を守り、新井はベンチスタートが濃厚だが、代打として待機する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース