常葉学園菊川・桑原「最高でした」大会1号で貴重な追加点

[ 2013年3月22日 19:16 ]

<常葉学園菊川・春江工>6回、今大会第1号となる2点本塁打を放ち、二塁へ向かう常葉学園菊川・桑原

第85回選抜高校野球1回戦 常葉菊川9―5春江工

(3月22日 甲子園)
 常葉学園菊川の7番桑原が大会第1号の2点本塁打で貴重な追加点をもたらした。1点リードの六回、甘く入った変化球をバックスクリーンへ運び「最高でした」と笑みを浮かべた。

 同点で迎えた前の打席はユニホームをかすめる死球。「次がピッチャーなので打たなきゃと思っていた」とボールが当たっていないとアピールするほど気合が入っていた。大舞台で飛び出した高校通算2本目の本塁打に「真っすぐ飛んでいってくれた。芯でした」と充実感を漂わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース