履正社 悪い予感が的中 岡田監督 貧打をなげく「徹底不足だった」

[ 2013年3月22日 16:13 ]

第85回選抜高校野球1回戦 履正社0―1岩国商

(3月22日 甲子園)
 初戦敗退した履正社の岡田監督は、「去年の秋からバッティングが弱いチームと思い、そこに課題を置いて練習してきたが徹底不足だった」と5安打に終わった打線を悔やんだ。

 7回には1死満塁の好機を作ったが、あと1本が出なかった。岩国商のエース高橋については、「良いピッチャーと思い対策も取ったが」と想定以上であったことを素直に認めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース