岩国商 貴重な1点は瞬時の判断「迷いはなかった」

[ 2013年3月22日 16:35 ]

第85回選抜高校野球1回戦 岩国商1―0履正社

(3月22日 甲子園)
 岩国商の横田が、好走塁で貴重な1点をもぎ取った。5回、自らの三塁打を足掛かりにした1死満塁の好機で、履正社の東野の投球を捕手が前にはじいた。「バウンドが大きい」と瞬時に判断。「こぼした瞬間に行こうと思った。迷いはなかった」と、猛然と本塁に突っ込んで生還した。

 俊足ではないが、相手のわずかな隙を逃さなかった。「いつも(先の塁を)意識している。判断良くできた」と、してやったりの表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース