【選抜高校野球】敦賀気比 開幕戦で大勝 沖縄尚学45年ぶり初戦敗退

[ 2013年3月22日 13:00 ]

9回途中まで2失点の好投を見せた敦賀気比・岸本 

第85回選抜高校野球大会1回戦 敦賀気比11―2沖縄尚学

(3月22日 甲子園)
 第85回選抜高校野球大会は22日、甲子園球場で開幕。開会式直後の第1試合は3度目春優勝を狙う沖縄尚学と敦賀気比(福井)が対戦。初回に大量5点を入れた敦賀気比が16安打を放ち、11―2で大勝、3年ぶりに初戦を突破した。沖縄尚学の選抜での初戦敗退は校名が沖縄だった1968年以来、45年ぶり。

 初回、沖縄尚学の守備の乱れに乗じて5本の長短打で5点を奪った敦賀気比は、序盤に7点を入れ主導権を握り、8回にダメ押しの4点を入れ試合を決めた。エースの岸本が10安打を打たれながらも粘り強い投球を見せた。

 4失策の沖縄尚学は守りのミスからリズムが崩れた。攻撃も2ケタ安打を放ち、再三走者を出したが、決め手に欠き、九州大会優勝の実力を発揮できずに初戦敗退した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース