元西武の平尾氏 来日のロシア少年チームに野球指導

[ 2013年3月22日 18:12 ]

モスクワの少年野球チームにバッティングを指導する平尾博嗣氏(左)

 プロ野球の西武を昨年引退し現在は西武球団職員の平尾博嗣氏らが22日、東京都大田区の大田スタジアムで、来日中のモスクワの少年野球チームに野球の指導を行った。

 ロシアへの野球普及を目指すNPO法人「世界ベースボール普及協会」(伊藤元治代表)の主催。同協会が主催して元プロ野球選手がロシアの少年チームを指導するのは、昨年9月に元巨人の桑田真澄氏らが参加した極東ハバロフスクでの野球講習会に続き2回目。

 平尾氏はゴロの捕球やバッティングのコツなどを2時間にわたり指導。参加したアレクサンドル・スクボルツォフ君(13)は「素晴らしい球場で元プロ選手に分かりやすく教えてもらい、良い思い出になった」と満足そうに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース