出た!大会1号本塁打 打線爆発の常葉菊川、初戦を突破

[ 2013年3月22日 17:30 ]

春江工に勝利し、応援席に向かって駆けだす常葉学園菊川ナイン

第85回選抜高校野球1回戦 常葉菊川9―5春江工

(3月22日 甲子園)
 第85回選抜高校野球は22日に開幕を迎え、第3試合では初出場の春江工(福井)と5年ぶり4度目となる常葉学園菊川(静岡)が対戦。常葉菊川が、2本塁打を含む14安打と打線が爆発し、春江工を9―5で振り切った。

 常葉菊川は3―2と1点リードした6回。1死二塁の場面で、桑原が甘く入った変化球をバックスクリーンに運ぶ大会1号本塁打を放ち、点差を3点に広げた。粘る春江は、その裏に7番・濱出の三塁打で1点を返し、さらに7回にも3番・小野の二塁打で1点差まで詰め寄った。しかし、常葉菊川は、終盤に6番・遠藤の2点本塁打を含む4点を追加し、勝負を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース