大谷 二刀流一夜明け「楽しかったし、うれしかったが、まだまだ」

[ 2013年3月22日 16:04 ]

笑顔を見せる大谷

 日本ハムの大谷(岩手・花巻東高)は、投手と野手の両方で初めてオープン戦に出場して「二刀流」をこなした楽天戦から一夜明けた22日、本拠地の札幌へ向かう羽田空港で「楽しかったし、うれしかったが、まだまだ。(疲れは)全然、大丈夫」と笑顔で話した。

 開幕前のオープン戦は23、24日のヤクルト2連戦が最後。23日は打者で出場する予定で「シンカーとか見ていない。逃げる球種をしっかり打てるようにしたい」と課題を挙げた。

 栗山監督は「先発投手として活躍するのが軸。それにマイナスになるなら、開幕1軍には全くこだわらない」と長期的な視野に立って判断する方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年3月22日のニュース