常葉菊川 打ち込み徹底 強力打線復活だ!

[ 2013年3月22日 06:00 ]

練習後、森下監督の話を聞く常葉学園菊川ナイン

 常葉学園菊川(静岡)は豊中ローズ球場で2時間の最終調整を行った。

 フルスイングによる強力打線が看板だが、練習試合ではチーム打率・211と低迷しており主力を中心に徹底的に打ち込んだ。プロ注目の1番・登地、3番・遠藤が鋭い打球を連発し復調気配を見せたとあって、52歳の誕生日を迎えた森下監督は「状態は70~80%。登地が打ってくれれば自然と乗ってくれると思う」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース