鳴門 河野主将 選手宣誓は「60点」から「100点」に満足

[ 2013年3月22日 10:53 ]

第85回選抜高校野球大会の開会式で、選手宣誓する鳴門高の河野祐斗主将

第85回選抜高校野球

 選手宣誓の大役を終えた鳴門の河野主将は「うれしい気持ちと興奮する気持ちでいっぱい」と白い歯をこぼした。前日のリハーサルでは、早口になったことを反省し「60点」と振り返っていたが、この日列で待っている間も頭の中で何度も読み返して落ち着いて臨み「100点をあげられる」と胸をなで下ろした。

 「大きな勇気と希望の花を咲かせる」と誓った主将は第2日に控える初戦に向け、「ここからは試合のムードに入って、自分たちのプレーで少しでも力になれたら」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月22日のニュース