青山 汚名返上の球団新22セーブ 5月から守護神転向

[ 2012年10月7日 06:00 ]

<楽・ソ>9回を締めた楽天・青山は球団新記録の22セーブ目を挙げる

パ・リーグ 楽天2-1ソフトバンク

(10月6日 Kスタ宮城)
 9回を締めた楽天・青山が06年の福盛を抜く球団新記録の22セーブ目を挙げた。前回登板だった4日の西武戦(Kスタ宮城)では9回の3点リードを守れず、チームもBクラスが確定。この日は1死からペーニャに死球を与えたが、後続を断って汚名を返上した。

 5月から守護神を務め、同月にはプロ野球タイ記録の6試合連続セーブもマークした右腕は「残り2試合あるので登板したら抑えたい」と意気込んだ。

 ▼楽天・辛島(8回3安打1失点で8勝目)最後は少し疲れた。左打者の内角を突くことができた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース