阿部 三冠王ならずも「2冠」に最高出塁率のタイトルも確実

[ 2012年10月7日 19:52 ]

セ・リーグ 巨人2-1DeNA

(10月7日 東京D)
 巨人の阿部はシーズンの最終盤で本塁打が伸ばせず、三冠王には届かなかった。捕手としては史上最高となる打率をキープするため、この日の最終戦は欠場。3割4分5毛で、1991年の古田(ヤクルト)の3割3分9厘8毛をわずかに上回った。

 三冠はならなかったが、打率、打点の「2冠」に加え、最高出塁率のタイトルも確実。プロ12年目で最高の成績を収め「頑張ったんじゃないかと思う」と満足していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース