イチローは全試合先発「左投手でもベンチに置くつもりはない」

[ 2012年10月7日 06:00 ]

笑顔で練習するヤンキースのイチロー

 ヤンキースのイチローが、7日(日本時間8日午前7時15分開始)の地区シリーズ第1戦に向けて「ようやくスタートラインという気持ち」と心境を語った。この日は午後7時からヤンキースタジアムで練習。終始リラックスした表情で約1時間半の調整に臨んだ。

 最後の16連戦を12勝4敗で終え、ア・リーグ最高勝率としたヤ軍。この間、打率・394でチームをけん引したイチローにジョー・ジラルディ監督も信頼を寄せる。「変わらず好調。輝きを全く失っていない。左投手でもベンチに置くつもりはない」とポストシーズン全試合で先発起用する考えを明かした。米メディアから30分以上囲まれて取材を受けるほど、背番号31の注目度は高い。

 マリナーズ1年目の01年以来、11年ぶりのポストシーズン。イチローは「(当時と)比較はできますけど、参考にはしない。場所(チーム)が違うし立場が違う。11年という時間は長いですから」と話した。練習終了後に相手はオリオールズに決定。世界一を目指した戦いは、敵地ボルティモアから始まる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース