日大三出身 明大・高山が大学初アーチ

[ 2012年10月7日 15:34 ]

東京六大学野球第5週第2日 明大14―0東大

(10月7日 神宮)
 明大は東京・日大三高で昨夏の甲子園大会を制した高山の2ランで大量得点の流れをつくった。無死一塁で右翼へ鋭く伸びた打球はうれしい大学初アーチ。粘って9球目を仕留め「徐々にいい感じに捉えていた。最後に本塁打になって良かった」と頬を緩めた。

 春の活躍で夏の大学日本代表候補の合宿に参加し、刺激を受けるなど成長を続ける1年生。勝ち点を伸ばし、視界に入る2季ぶりの頂点に「大学で経験がないので、優勝したい気持ちが強い」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース