生後23時間で天国へ…ア軍ニシェク 長男にささげる好投

[ 2012年10月7日 17:31 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦 アスレチックス1―3タイガース

(10月6日 デトロイト)
 悲しみをこらえての登板だった。今週、誕生したばかりの長男を亡くしたアスレチックスのニシェクが1―3の7回途中から救援して2/3回を無安打無得点にしのぎ、敵地のファンからも拍手が送られた。

 夫人の出産に立ち会うためにチームを離れ、3日の地区優勝の瞬間はその場にいなかった。二重の喜びでチームに合流するはずが、長男は生後23時間で息を引き取った。

 プレーオフで戦うことは悩んだというが「野球をしていると暗い気持ちにならないし、息子も喜んでくれると思う」と感極まった表情で話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース