2打席凡退…中島 不完全燃焼でタイトル争い終戦

[ 2012年10月7日 18:13 ]

パ・リーグ 西武0―7オリックス

(10月7日 京セラD)
 打率2位でレギュラーシーズン最終戦に臨んだ西武の中島は打率を下げた。3厘差で首位だったロッテの角中を抜くには、3安打以上が必要だったが、1回は三振、4回は遊ゴロ。3割1分1厘となり、ベンチへ退いた。

 9月前半まで打率3割3分を超えていたが、左脇腹を痛めて急降下。6試合ぶりに打席に立った前日6日のロッテ戦は四球攻めに遭うなど、不完全燃焼の終盤戦。中島は「(首位打者争いを)面白くしたろうと思ったけど残念。切り替えてCSで頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月7日のニュース