フィリップス3安打3打点 全米中継で発奮!?「僕の笑顔が映っている」

[ 2012年10月7日 14:29 ]

<ジャイアンツ・レッズ>3回、先制2ランを放ったレッズのフィリップス

ナ・リーグ地区シリーズ第1戦 レッズ5―2ジャイアンツ

(10月6日 サンフランシスコ)
 チームに勇気を与える一撃が敵地の左翼席に突き刺さった。レッズの1番フィリップスは3回、先制の2点本塁打を放ち、試合の流れを引き寄せた。

 エースのクエトが打者2人に投げただけで、まさかのアクシデントで降板。初戦からチームを襲った緊急事態に、勝負強さと明るさを兼ね備えたベテランの一撃は暗いムードを一気に変えた。

 実は試合前、友人から「きょうは全米でテレビ中継があるからお前、活躍してこいよ」と激励された。友の言葉に応え、本塁打に加え、9回にも右前適時打を放ち、3安打3打点と大暴れ。ヒーローインタビューを受けながら「だからこうやって僕の笑顔が映っているわけだな」とおどけてみせた。

 もちろん、プレーオフが厳しい戦いであることもベテラン知っている。「打つことも大事だが、(プレーオフは)守りをしっかりしなければならない」とフィリップス。3度のゴールドグラブ賞受賞の名二塁手の言葉には重みがあった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース