ソフトB・二保 今季15試合目で初黒星「結果が全て」

[ 2012年10月7日 06:00 ]

<ファーム日本選手権 ソ・ロ>4回のピンチにマウンド上に集まるソフトバンク・二保(左から5人目)らナイン

ファーム日本選手権 ソフトバンク0―4ロッテ

(10月6日 松山)
 先発したウエスタン・リーグ最多勝のソフトバンク・二保が4回2失点で敗戦投手になった。「四球を出して自滅した。慎重になりすぎて勝負しきれなかった」。

 2軍で11勝無敗を誇り、1軍でも3試合に登板。今季15試合目で初の黒星に「大きな試合で勝てないのは投手の責任。結果が全て」と悔しさをにじませていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース