矢野 最終戦で千金今季1号「今までにない当たりでビックリ」

[ 2012年10月7日 17:41 ]

<巨・D>10回に代打でサヨナラ本塁打を放ち、ベンチに向かってガッツポーズする巨人・矢野

セ・リーグ 巨人2―1DeNA

(10月7日 東京D)
 巨人・矢野は1―1の延長10回に代打で登場。DeNA2番手・藤江の初球ストレートを振り抜くと、打球は左翼ポール際に一直線で突き刺さった。

 お立ち台の矢野は「今までにない当たりで、ビックリしました」と笑顔。チームの今季最終戦でサヨナラ本塁打。「最後の試合で、東京ドームで、ファンの皆さんに見守られながら、最後、僕で決めるといういい終わり方ができて、うれしいです」と絶叫した。

 今季は開幕直前に左足甲を捻挫して出遅れたこともあり、最後に出た今季1号に「最高です」と再び叫んだ。クライマックスシリーズに向け「気の緩みのないように調整していきたい」と自らに言い聞かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月7日のニュース