堂林 初の連発「最近なかった感触」 指揮官との特訓実る

[ 2012年10月7日 06:00 ]

<ヤ・広>7回無死、勝ち越しソロを放った広島・堂林(右)は永田コーチに迎えられる

セ・リーグ 広島4-2ヤクルト

(10月6日 神宮)
 広島・堂林が、自身初の1試合2本塁打を放った。同点に追い付かれた直後の7回に勝ち越しソロを放つと、9回にも2打席連発の14号ソロ。「開き直りですかね。最近なかった感触」と頬を緩ませた。

 本塁打は9月4日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、約1カ月ぶり。試合前練習では野村監督とともに変化球を前でさばく練習をこなしている。特に試合を決めた7回の一発は、変化球に泳がされながらも的確に捉えたものだった。指揮官は「きょうは褒めてあげたい」と高卒3年目の成長に目尻を下げた。

 ▼広島・磯村(プロ2年目で初出場。今井を好リードし、7回には左前に初安打)いい経験ができました。初ヒットはいい回転で打てました。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース